• ホーム
  • リピトールのジェネリックは個人輸入で購入することができる?

リピトールのジェネリックは個人輸入で購入することができる?

2020年06月14日
笑顔の肥満の女性

リピトールは処方箋医薬品という扱いになっているため、ドラッグストアや薬局等から購入することができません。日本国内においては、医師の処方箋によって使用するよう決められているのです。しかし個人輸入通販サイトを利用すれば、リピトールやそのジェネリック医薬品を手軽に入手することができます。

処方箋医薬品を継続的に服用している場合、手持ちの薬がなくなるたびに病院へ行かなくてはなりません。通院する時間がないため薬がなくなってもそのまま過ごしている、そんな方も多いのではないでしょうか。通販サイトから手軽に購入することができれば、通院の手間を省き、診察にかかる費用を節約することが可能です。

日本では処方箋医薬品とされているものでも、個人利用目的であれば、海外から輸入することができます。販売目的の輸入は法規制の影響を受けますが、個人で利用することを目的としている輸入は一定の範囲内で認められているのです。

個人で海外の会社とやり取りをして、医薬品を購入するのは意外と手間がかかります。個人で輸入を行おうとしたがやり方がわからず諦めてしまった、という方もいるでしょう。個人輸入通販サイトは、利用者から注文を受け、海外の会社へ発注を行なってくれます。海外の会社とのやり取りはすべて、個人輸入通販サイト側が行う形となるため、利用者は通常の通販と同じ感覚で買い物をすることができるのです。

個人輸入通販サイトを利用すれば、購入できる医薬品の幅がぐっと広がります。海外で広く用いられている薬や、ジェネリック医薬品を選択することもできるでしょう。リピトールのジェネリック医薬品は、先発薬よりも割安な価格で提供されています。個人輸入通販サイトでジェネリック医薬品を購入すれば、リピトールと同等の効果を持つ薬を、より安く手軽に入手できるのです。

個人輸入通販サイトはわかりやすいシステムになっていますので、初めて利用する方でも戸惑うことなく必要な薬を買うことができるでしょう。注文方法は基本的に通常のネットショップと同じですし、支払いも日本円で行うことができます。特別な知識がない人でも、簡単に個人で輸入を行うことができる仕組みになっているのです。病院で処方されたリピトールがなくなってしまったが通院する暇がないという方、より手頃な価格で入手できるジェネリック医薬品に切り替えたいという方は、便利な個人輸入通販サイトに注目をしてみましょう。